肌極と米肌の成分、違いはある?

肌極と米肌の成分、違いは?

今回は、米肌・肌極を成分の違いから比べていきますね。

 

「正直言ってどっちを選んでも同じ気がする」
「年齢層がって言ってるけど、口コミでは色んな年代の人が使ってるじゃん」
「結局どう違って、どういう肌の人に向いてるの?」

 

と疑問を持たれてしまいがちな米肌・肌極ですが、確かに分かりづらいですよね。

 

米肌に入っていて、肌極に入っていないもの、その逆などはあるのでしょうか?
また、それぞれに向いている肌質とは何でしょうか?

 

*米肌は保湿の為の成分が多い!*

ライスパワーが入っているのはどちらも同じですが、米肌の方が含まれている成分は多いですね。

 

納豆エキス、ビフィズス菌エキスなど、お肌の保水力を高めるものがいっぱい!

 

この理由としては「自然な保湿」を一番に掲げているからです。美白や肌のスッキリ感ではなく、具体的な効果を保証しているのが米肌なのですね。

 

*肌極はお肌を清潔に保つ成分が多い!*

肌極には、チャエキスという「肌の雑菌を抑える成分」が含まれています。

 

ニキビや寝不足による肌のアブラ浮きを防いでくれる効果があります。

 

20代の揺らぎ肌にも対応しているのが肌極なのですね。

 

 

まとめると、

米肌に向いている肌質の人
・ひどい乾燥肌
・年齢によってシワが目立ってきた肌

 

肌極に向いている人の肌質
・環境によってゆらぐ肌
・吹き出物やニキビが気になる肌

 

の人と言えますね。

 

>>40代にオススメ!肌極と似た成分の基礎化粧品